おうち英語、おうち中国語、映像翻訳の情報サイト

【字幕翻訳者が選ぶ】日中合作・映画祭・未公開作品など

映画

 

こんにちは。中華圏の映画が好きなellyです。

今回は2005年~2015年頃に観た、日中合作作品、映画祭作品、日本未公開作品など、ややマイナー(でもないか?)な作品をまとめてみました。2015年に長女を出産してからは、めっきり映画祭や映画館から足が遠のいてしまった私ですが、2009年に上京してからは、映画館にちょくちょく通ったものです。懐かしい…。

今ではAmazonプライム・ビデオなど、多くの動画配信サービスがあって、家でも多くの映画が楽しめますし、アジア系の映画もネットでたくさん観られるいい時代ですね。隠れた傑作を見つけるのも、映画鑑賞の楽しみの1つです。

単騎、千里を走る。

Amazon | 単騎、千里を走る。 [DVD] | 映画

千里走単騎 (Riding Alone for Thousands of Miles)
中国・日本 / 2005年(日本公開2006年)/ 108分
監督:張芸謀(チャン・イーモウ)/ 降旗康男
出演:高倉健 / 寺島しのぶ / 邱林(チュー・リン)/ 李加民(リー・ジャーミン)/ 蔣雯(ジャン・ウェン)/ 楊振波(ヤン・ジェンボー)/ 中井貴一

単身、中国雲南省を訪れた日本人の父親を通して、父と子のつながりを描く中日合作映画

張芸謀監督が、最も尊敬する俳優・高倉健さんと共に作った話題作。タイトル『千里走単騎』は、京劇の演目の1つで「三国志」に由来する話ですが、映画の舞台は現代の中国と日本。

高倉健さん演じる高田は、妻を亡くし、息子とは疎遠になった孤独な男。息子が末期がんであることを知り、息子がやり残した仕事(中国の仮面劇『単騎、千里を走る』の撮影)のために単身中国を訪れます。しかし息子が約束した役者・李民加は現在刑務所の中にいて撮影できない。言葉も通じない環境の中、高田の熱意が中国人たちに伝わっていきます。

高倉健さんの不器用な父親役がとてもいい。余命わずかな息子と直接話せばいいものを(息子にも拒否されたとはいえ)、劇の撮影が、自分が息子にしてやれるたった1つのことだと考え、一人中国に行ってしまう。しかもその撮影は、実は息子にとってそれほど重要なことではなかったという皮肉。でも結果的にはこの父親の行動で息子に気持ちが通じるところに、この映画のメッセージを感じました。

中国の役所の李主任、刑務所の陳所長、ガイドの2人など、現地で協力してくれる中国人たちのやさしさも、この映画の見所です。特に、片言日本語ガイドの邱林さんがいい味を出していて、言葉が通じない故のやりとりが滑稽で笑いを誘います。そして日本語は片言でも、中国語ではとてもいいことを言っているのがまた魅力。

寡黙で不器用。でも現地で出会った少年との交流など、随所に高田の優しさがにじみ出ていて、高倉健さんの演技はさすがです。当時74歳だった健さんは、単身で中国の撮影隊に加わったそうで、現地の人々との交流で与えた影響も大きかったとか。映画を通した素晴らしい文化交流ですね。

ストーリー10年以上、絶縁状態だった息子・健一が末期がんで余命わずかであることを、健一の嫁から知らされた漁師の高田剛一。息子が撮影しようとしていた中国の仮面劇を代わりに撮ろうと、単身中国に旅立つが、約束の相手の役者は刑務所の中だった。言葉が通じない環境の中、高田は奔走し、現地の人々との交流を通して大切なことに気付いていく。

 

我が大草原の母

My Mongolian Mother (2010) - IMDb

額吉 (My Mongolian Mother) 
中国 / 2010年(日本公開2011年)/ 100分
監督:寧才(ニンツァイ)
出演:娜仁花(ナーレンホア)/ 圖門巴雅爾(トゥメン・バヤル)/ 哈布日(ハブリ)/ 伊日貴(イリグイ)

内モンゴルの大草原に生きる孤児たちと母の大きな愛を描く

2011年の第12回 NHKアジア・フィルム・フェスティバルで公開された作品。1960年代、飢餓のため親に捨てられ、遠く離れた内モンゴルの人たちに養子として引き取られた上海の子供たち。文化大革命を背景に、たくましく生きる孤児たちとの親子愛を描いた作品です。

中国にこんな歴史があったことを知らず、まず衝撃を受けました。そして内モンゴルの大草原の美しさ、そして人々の心の広さに感動します。モンゴルの母親役のナーレンホアさんが本当に素敵で、こういう、強く優しくたくましい母親になりたいと、当時独身だった私は見ていて思いました。きっと、子を持つ親なら涙なしには見れない作品だと思います。

ストーリー1960年代の中国。飢饉のため親と離れざるを得なかった上海の子供たちが、養子となるため内モンゴルに送られた。シリンゴル草原でつつましく暮らすチチグマは、夫の反対を押し切り、ジェンジェンとユーションの2人を家族に迎えた。母の大きな愛に包まれて子供たちはモンゴル遊牧民として育つが、20年後、生みの親が生きていて自分たちを捜していることを知る。
【1080P Chi-Eng SUB】《额吉/My Mongolian Mother》新中国成立60周年重点献礼影片之一(娜仁花 / 图门巴雅)

 

転山

轉山(転山)2011」をネットで見る - 中華ぐるぐる丼

転山 (KORA)
中国 / 2011年(日本公開2011年)/ 90分
監督:杜家毅(ドゥ・ジャーイー)
出演:張書豪(チャン・シューハオ)/ 李暁川(リー・シャオチュアン)/ 李桃(リー・タオ)

兄の遺志を継ぎ、自転車で苛酷な旅をする青年の成長する姿が美しい

2011年の第24回東京国際映画祭(コンペティション部門)で公開。当時、チベットの美しさにハマっていたので観た作品です。台湾人の青年が、亡き兄が果たせなかった夢を実現すべく、自転車で中国大陸の麗江からチベットのラサを目指すという物語。英語タイトルの「KORA」とはコルラ(巡礼)のこと。

チベットの雄大な景色はもうため息が出るほどの美しさですが、主人公シューハオの旅は、富士山ほどの高さの山を何度も越えながら、冬の厳しい自然、転落事故、どう猛な野生動物など、次々と襲う危険と闘う苛酷なもの。それ故、随所で登場する心あたたかいチベットの人たちや、車で通りがかる人たちのやさしさに癒されました。

主人公の青年が、旅を通して成長していく姿が何とも爽快で、主演のチャン・シューハオ君は、「本当に前半と同一人物?」と思うくらい、どんどん男らしく、カッコイイ青年になっていきます。1人の青年の成長をこれほど鮮明に映し出している映画はなかなかないと思います。

チベットの子どもたちが楽しそうに学校に通う姿や、修行中の若い女性との、いっさい会話のない交流など、
チベットの魅力も上手に描かれていて、異文化に触れられるのもまさに映画の醍醐味だなと改めて感じた作品でした。

ストーリー尊敬していた兄が死に、兄の遺志を継いで自転車でチベットのラサを目指す決意をした台湾人の青年シューハオ。多くの人々のあたたかい心に触れ、様々な危険と危機を乗り越え、彼はついにポタラ宮のあるラサへたどり着く。
轉山 Kora

 

アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ

中国生活】 大ヒット映画:中国合伙人(American dreams in China) - SHANGHAI☆BASE

中国合伙人 (American Dream In China)
中国 / 2013年(日本公開2013年)/ 112分
監督:陳可辛(Peter Chan)
出演:黄晓明(ホァン・シャオミン)/ 邓超(ドン・チャン)/ 佟大为(トン・ダーウェイ)

中国人の若者の上昇志向、自由への渇望を描いたすばらしい現代映画

2013年の東京・中国映画週間で公開。中国人なら誰もが知る英語教育の第一人者となった「新東方学校」を創設した3人の友情サクセスストーリー。「合伙人」は「パートナー」のことですが、共同経営者という意味で、昨今の中国では耳にする頻度が高い言葉のようです。

1980年代、アメリカにどれだけ憧れようが、ビザをとることが難しい時代。アメリカに行くことが許された者の苦しみ、中国に残らざるを得なかった者の反骨心、運命に導かれ再び一緒の道を歩む3人が、ラストでアメリカ人と重要な交渉に挑むシーンは感動の一言です。

とかく拝金主義だと言われる中国人ですが、これだけのむき出しの努力には、尊敬の念を抱かざるを得ません。また主演の3人は今や押しも押されぬ中国映画界の大スターであり、揃い踏みの本作の貴重さは、監督のピーター・チャン含め形容し難いものがあります。

ストーリー1980年代の中国。農村出身の成東青(チョン・トンチン)は、2浪の末大学に合格して北京に上京。そこで王陽(ワン・ヤン)と孟暁駿(モン・シャオチュン)に出会う。3人は夢の国アメリカを目指すが、祖父も父親もアメリカ帰りの孟暁駿だけが渡米を許される。中国に取り残された成東青と王陽は、ひょんなキッカケから英語教室を始めることとなり、ビジネスはトントン拍子に拡大する。一方、アメリカに渡ったは良いもの、遂にはレストランで皿洗いをするまでに落ちぶれた孟暁駿は中国に帰国。英語教室を拡大中だった成東青、王陽の所に、孟暁駿が合流し、3人はいよいよ中国大陸で大きな夢に向かう。

 

重返20岁

重返20岁』Miss granny(中国映画) | ららぴっとの江蘇省南通市から

重返20岁(20歳よ、もう一度)
中国・香港・
台湾・韓国 / 2015年(日本公開2015年)/ 131分
監督:陈正道(チェン・ジェンダオ)

出演:杨子珊(ヤン・ズーシャン)/ 归亚蕾(グァ・アーレイ)/ 陈柏霖(チェン・ボーリン)/ 鹿晗(ルハン)

韓国版と比肩するコメディ&感動の傑作

中国で大ヒットした作品。2014年の韓国映画『怪しい彼女』のリメイクと思われがちですが、実際は、同じ台本で中韓同時に公開をしようとしたものの、中国版の製作が遅れたとのこと。韓国版はシム・ウンギョンの怪演っぷりに驚かされましたが、中国版も負けておらず、2013年のメガヒット作『So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐ(致我们终将逝去的青春)』でヒロインを演じたヤン・ズーシャンがとにかく素晴らしい。

コメディ、シリアス、そして歌まで完成度が高く、日本人ならおなじみのテレサ・テン「つぐない」のシーンにはグッと引き込まれます。老婆が20際に若返るというファンタジーですが、前半はコメディで笑わせ、ラストは大変なドラマが涙を誘います。

日本でも多部未華子さん主演映画『あやしい彼女』としてリメイクされました。

ストーリー70歳の頑固なおばあちゃんモンジュンは、プロのバンドを目指す孫チェンチンと大学教授の息子には甘いが、他の家族からは疎まれるほど口うるさい。息子の嫁がストレスで入院すると、モンジュンを老人ホームへ入れる話が持ち上がる。ショックを受けたモンジュンは、ある写真館で「自分が一番キレイだった頃」を思って写真を撮るのだが、なんと姿だけ20歳の麗しき頃に若返ってしまう。最初は戸惑うモンジュンだったが、名前をテレサと変え、かつて叶えられなかった夢を実現するため新たな生活を始め…。

ひだりみみ

中国映画『左耳』The Left Ear

左耳 (The Left Ear) 
中国 / 2015年(日本公開2015年)/ 117分
監督:蘇有朋(アレック・スー)
出演:陈都灵(チェン・ドゥリン)/ 欧豪(オウ・ハオ)/ 杨洋(ヤン・ヤン)/ 马思纯(マー・スーチュン)/ 段博文(ドゥアン・ボーウェン)

昨今のブーム、‟振り返り”映画の代表作

2015年の東京・中国映画週間で公開。人気作家・饶雪漫(じょう せつまん)の代表作を映画化したもので、台湾のスター俳優アレックス・スーの初監督作品です。

ヒロインは、左耳が聴こえない17歳の女の子。物語は彼女を中心に、同級生たちの友情、恋愛、進学が絡まり合いながら進んでいきます。2013年の『So Young』、2014年の『匆匆那年(君といた日々)』然り、中国の若者が学生時代を振り返り、そこから現在までの波乱万丈なあれこを回想するというフォーマットは昨今のブームのよう。いずれの作品も大ヒットとなっていますが、中国の若者はこれらを見て何を思うのだろう、と興味を惹かれる作品です。

ストーリー高校に通う李珥(リー・アル)は生まれつき左耳が不自由で、内向的な女の子。友達もいない彼女だったが、同じクラスのイケメンの許弋(シュー・イー)を好きになる。しかし彼は街のバーで歌うシンガー黎吧啦(リー・バラ)と交際を始めてしまう。リー・アルは傷つくも、バラと友達になり、バラが本当に愛しているのは張漾(チャン・ヤン)だと知る。ある日、バラはチャン・ヤンとの交際のもつれが間接的な原因となり交通事故に遭い…。

 

咱们结婚吧(結婚しようよ)

中国人気ドラマ映画版『Let's Get Married』が全米公開。キューティー映画は国際化の近道 | cuemovie.com

咱们结婚吧 (Let’s Get Married) 
中国 / 2015年(日本公開未定)/ 126分
監督:刘江(ラウ・コン)
出演:高圆圆(カオ・ユアンユアン)/ 姜武(ジャン・ウー)/ 李晨(リー・チェン)/ 郑恺(チェン・カイ)

豪華共演!男女4組によるオムニバスストーリー!

中国の人気テレビドラマが映画化された作品で、日本では未公開。中国映画では珍しい、4組の男女によるオムニバス形式のラブストーリーで、『ラブ・アクチュアリー』を彷彿とさせます。

子持ちの中年男性、一度は離婚を決意した30代?夫婦、望まぬ結婚を控えた20代女性など、様々なバリエーションがありながら、最後は誰もが「結婚しようよ」とストレートに愛を伝え、ハッピーエンド。ここ数年一気にトップクラス入りしたカオ・ユアンユアンはじめ、豪華キャストが売りの本作は、何も考えずハッピーになりたい方にオススメです。

ストーリー理想の相手に巡り会えず悩むバイオリニストの文芸は、コンクールが行われるイタリアでツアーガイドの李想に出会い、何日か共に過ごすうちに心の変化が起きる。イケメンパイロット凌霄は、長年同棲していた地上勤務の顾小蕾と別れを決意する。某ホテルのシェフ曹大鹏は、妻の田海心と離婚を決意するが、運悪く両家の親が訪ねてきてしまう。デザイナーでシングルファーザーの陈震轩とウエディングプランナー叶雯雯はお互い親密な仲だが結婚に踏み切れずにいる。大都市・北京を舞台に、4組の男女がそれぞれの愛のために悩みもがき、そして幸せをつかんでいく。

まとめ

いかがでしたか。全国的に上映されていない作品や、日本で公開されていない作品など、ここに紹介していない優れた作品は当然まだまだあるはず。それだけ中華圏の映画の勢いはとどまるところを知りません。

映像翻訳に携わる中華映画ファンの一人としては、いつかそんな優れた作品を発掘し、日本のファンを増やしていきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました