おうち英語、おうち中国語、映像翻訳の情報サイト

【字幕翻訳者が選ぶ】香港・中国カンフー映画おすすめ8作品

映画

 

こんにちは、中華圏の映画が好きなellyです。今回は私の好きな「カンフー映画」のご紹介。

大学生のときに『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズを観て李連杰(ジェット・リー)のファンになり、あまりのカッコよさに、少しだけカンフーを習いに行ったことのある私。教室で練習中、中国人の先生が「ワンチャイのテーマ曲(男兒當自強)」を流してくれたときはテンションが上がりましたね~。映画では、少年・青年たちが修行するシーンとか大好きです。

▼コレです。
https://youtu.be/eIt56lpgDVo

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明

Amazon | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明 [DVD ...

黄飛鴻(Once Upon a Time in China)
香港 / 1991年(日本公開1994年)/ 128分
監督:徐克(ツイ・ハーク)
脚本:徐克(ツイ・ハーク)
出演:李連杰(ジェット・リー) / 関之琳(ロザムンド・クワン)/ 元彪(ユン・ピョウ) / 張学友(ジャッキー・チュン)/ 鄭則仕(ケント・チェン)

ジェット・リーの出世作、香港カンフーアクションの大ヒットシリーズ1作目

私が「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ(以下ワンチャイ)」シリーズと出会ったのは、大学の授業でした。 2作目の『天地大乱』 を観てハマり、第1作目も自分でレンタルで借りて観ました。1991年の作品ですが、2011年に東京・シネマート六本木で行われた「香港電影天堂SPECIAL」でワンチャイ3部作が上映され、初めてスクリーンで観れたときは感動モノ。オープニングのカンフーシーンから早くも興奮し、その後も激しいカンフーシーンの連続。ワイヤーアクションやCGではごまかせない、ジェット・リーの正統でキレのいいカンフーはホレボレする美しさ。本作はシリーズ中カンフーシーンが最も多く、ラストの梯子の上でのラダー・ファイトは必見です!

ストーリー清朝末期に実在した、武術家にして医師の黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の活躍を描く大ヒットシリーズの1作目。英米列強の侵略による動乱の時代、国の将来を憂える黄飛鴻が弱い人を守るべく、暴れるアメリカ人や地元の暴力団と闘う。洋行帰りの叔母イーが騒ぎに巻き込まれると、黄飛鴻の怒りは頂点に達する。

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

Amazon | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱 [DVD ...

黄飛鴻之二・男兒當自強(Once Upon a Time in China II)
香港 / 1992年(日本公開1993年)/ 107分
監督:徐克(ツイ・ハーク)
脚本:徐克(ツイ・ハーク)
出演:李連杰(ジェット・リー) / 関之琳(ロザムンド・クワン)/ 莫少聰(マックス・モク)/ 甄子丹(ドニー・イェン)/ 熊欣欣(ホン・ヤンヤン)

ストーリーも秀逸な、ワンチャイ・シリーズ2作目

前述のとおり、私がジェット・リーファンになったきっかけの作品。ストーリーとアクション共に、ワンチャイシリーズで最も好きな作品です。黄飛鴻の弟子リョンフンが加わり、序盤からコミカルで笑い所があり、ツボにハマりやすい私は映画館で笑いをこらえるのに必死でした。棒や布を使ったジェット・リー対ドニー・イェンの激しいカンフー対決は凄いの一言で、ずっと観ていたいくらい。孫文との友情も絡んでいて感動もあり。前作を観ていなくても楽しめるので、ワンチャイシリーズを観たことのない方には、この1本をオススメします。

ストーリー清朝末期に実在した、武術家にして医師の黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の活躍を描く大ヒットシリーズの2作目。カルト教団「白蓮教」が、悪魔的なクン教祖の下、暴力による排外主義で広州の街をおびやかしていた。学会のため広州に来ていた飛鴻は、革命を志す若き医学者「孫文」と出会い意気投合するが、教団の襲撃に巻き込まれる。キリスト教小学校の子供たちを守るため、警察のラン提督に保護を依頼するが、ラン提督は逆に白蓮教徒を利用して、孫文と孫文の後援者である陸を捕らえようとする。飛鴻は白蓮教団のクン教祖、そしてラン提督と激しく闘うことになる。

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇 | HMV&BOOKS ...

黄飛鴻之三・獅王争覇((Once Upon a Time in China III)
香港 / 1993年(日本公開1993年)/ 131分
監督:徐克(ツイ・ハーク)
脚本:徐克(ツイ・ハーク)
出演:李連杰(ジェット・リー) / 関之琳(ロザムンド・クワン)/ 莫少聰(マックス・モク)/ 熊欣欣(ホン・ヤンヤン)

ジェット・リー最後のワンチャイ・シリーズ作品

相変わらずキレのいいカンフーアクションに加え、黄飛鴻と叔母イーの恋の行方も見所です。ワンチャイ・シリーズのジェット・リー(黄飛鴻)の魅力は、何といってもやはり、カンフーの強さ、正義感、国の発展を想う気持ちそしてシャイなところ。シリーズすべてに言えることですが、清朝末期の中国の混乱・苦悩がよく描かれていて歴史の勉強になり、国家の発展を真に願う黄飛鴻の力強い訴えにしびれました。後にハリウッドでも大活躍するジェット・リーですが、このワンチャイ・シリーズのカッコ良さは抜群です。

ストーリー清朝末期に実在した、武術家にして医師の黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の活躍を描く大ヒットシリーズの3作目。列強による領土侵食に悩む西太后は、富国強兵の一環として獅子舞い大会を開催する。その裏で計画される李鴻章暗殺を黄飛鴻が阻止しようと奮闘する。

 

カンフーハッスル

功夫(Kung Fu Hustle)
香港・中国 / 2004年(日本公開2005年)/ 109分
監督:周星馳(チャウ・シンチー)
脚本:周星馳(チャウ・シンチー)
出演:周星馳(チャウ・シンチー)/ 元華(ユン・ワー)/ 元秋(ユン・チャウ)/ 梁小龍(ブルース・リャン)

武侠映画やカンフー映画へのパロディとオマージュが満載の作品

当時、香港の歴代ナンバーワンヒット作。話題のキャッチコピーのとおり、「ありえねー」の連続でした。前半は爆笑シーンが多くて楽しめましたが、後半は、この作品に盛り込まれたパロディが分からないがために100%味わうことができませんでした。まだまだ自分には中国映画を観る力が足りないと感じた作品。個人的には『少林サッカー』の方が好きですが、香港や大陸の人たちは、また違った感想を持つのでしょう。武侠映画やカンフー映画をもっと数多く観た後に、もう一度観てみたい作品です。

ストーリー1930年代の上海。冷酷無情な街のギャング集団「斧頭会」の一員になることを夢見るチンピラのシンは、デブの弟分と共にコソ泥を繰り返していた。ある日、貧困地区の豚小屋砦というアパートの住人から小金を脅し取ろうとし、なりゆきで斧頭会を巻き込んだ乱闘となる。意外にもアパートには家主夫妻をはじめ武術の達人が何人も隠れ住んでおり、彼らは斧頭会を一蹴。復讐に燃える斧頭会は、シンを利用して伝説の殺し屋・火雲邪神の脱獄を促す。火雲邪神と家主夫妻の闘いを見守るうち、シンは悪を戒める武術への純粋な思いをよみがえらせるが、火雲邪神にかなうわけがない。しかし瀕死の重傷を負ったのをきっかけに、シンの潜在的なパワーが全開する。

 

イップ・マン 序章

イップ・マン 序章~葉問~継承 | bluebellの気まぐれブログ

葉問(Ip Man)
香港 / 2008年(日本公開2011年)/ 108分
監督:葉偉信(ウィルソン・イップ)
脚本:黄子桓(エドモンド・ウォン)
出演:甄子丹(ドニー・イェン)/ 任達華(サイモン・ヤム)/ 池内博之

ブルース・リーの師匠イップ・マンの壮絶な人生を描いたカンフー映画シリーズ第1作

ブルース・リーの唯一の師匠として知られる中国武術「詠春拳」の達人イップ・マン(葉問)の人生を描いたという点で、観る価値のある作品。ドニー・イェンの冷静で余裕を感じる戦い方が実にカッコイイ。格闘シーンはすごいけれど、ストーリーがシンプルなだけに、なぜそこまでして傷みつけ合うのかという感は否めなかったです。それでも、勝っても負けても殺されるかもしれない状況で、中国人としての生き方を貫く誇りの高さがとても伝わってきました。反日的な内容で、歴史的におそらく完全に実話ではないのだろうけれど、こんな風に日本人が描かれてしまうのも仕方ない。最後、ブルース・リーとイップ・マンの実際のツーショット写真が拝めた時は感激でした。

ストーリー1930年代の中国広東省佛山市。ここは数多くの道場が軒を連ねる中国武術の町だった。家族と共に平穏な日々を送る「詠春拳」の達人イップ・マン(葉問)は、その実力と人格で人々の尊敬を集めていた。その一方で、彼を倒して名を挙げようとする武術家たちも多く、イップ・マンは心ならずも彼らと手合わせをしては、いずれも一ひねりにしてしまうのだった。やがて日中戦争が勃発し、佛山を占領した日本軍によってイップ・マンは家屋を奪われ、窮乏を強いられる。土方仕事で餓えをしのぐイップ・マンは、作業現場でかつての友、ラム(林)と再会。しかしラムは、米一袋をもらうために挑んだ道場での組手で、空手の名手である日本軍の三浦将校に殴り殺される。ラムの死を知らないイップ・マンは、自らも空手の組手に志願し道場に出向く。ラムがここで殺されたと直感したイップ・マンは、10人を相手に組手をし、勝利する。イップ・マンの実力に目を付けた三浦は、日本兵たちに中国武術を教えるよう命ずるが、イップ・マンは応じない。それどころか三浦に勝負を申し出、「文化交流」の名のもとにイップ・マンと三浦の試合が催されることになるが…。

 

グランド・マスター

Amazon | グランド・マスター [DVD] | 映画

一代宗師(The Grandmaster)
香港・中国 / 2013年(日本公開2013年)/ 123分
監督:王家衛(ウォン・カーウァイ)
脚本:邹静之(ゾウ・ジンジ)/ 徐浩峰(シュー・ハオフォン)/ 王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演:梁朝偉(トニー・レオン)/ 章子怡(チャン・ツィイー)/ 王慶祥(ワン・チンシアン)/ 張晋(マックス・チャン)/ 張震(チャン・チェン)/ 宋慧喬(ソン・ヘギョ)

ウォン・カーウァイ監督の初カンフー映画。流派を超えたカンフーの頂上決戦

カンフーの宗師(グランド・マスター)の後継者選び、ということで、男臭いカンフーアクション映画を想像していたら、全体的にスタイリッシュで大人っぽい作品でした。ウォン・カーウァイ監督がカンフー映画を撮ると、こんな感じになるんですね。水しぶきを生かしたアクションシーンや、電車が猛スピードで走るそばでの対決などは特に新鮮でした。トニー・レオンはこの映画のために、4年間、武術の訓練を受けたそうです。しかも武術を習うのは47歳にして初めてだったとか。でもその訓練のおかげで、「人はどのように武術家になっていくのかを、心と身体で理解することができた」というからさすがです。どれだけイップ・マンの実話に基づいているのかは不明ですが、カンフーの流派のこと、時代背景、宗師たちが大切にしている「思想」などがよく分かり、勉強になりました。

ストーリー1930年代、日本軍の侵略が現実味を帯びてきた中国。北の八掛拳の宗師(グランド・マスター)であるゴン・パオセンは引退を決意し、その地位と、南北に分かれたカンフーの流派を再統一する使命を譲る後継者を探していた。候補は弟子のマーサンと、南の詠春拳のグランド・マスター、葉問(イップ・マン)。パオセンの奥義を受け継ぐ娘のルオメイも名乗りを上げる中、野望に目が眩んだマーサンがパオセンを殺し、流派を乗っ取ろうとする。ライバルでもあるイップ・マンに惹かれていたルオメイは、その思いを封印して父の復讐を誓い、後継者争いと復讐劇が複雑に絡み合っていく。

 

新少林寺

新少林寺/SHAOLIN』(10香港=中国) : Happy Together

新少林寺(Shaolin)
香港・中国 / 2011年(日本公開2011年)/ 131分
監督:陳木勝(ベニー・チャン)
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)/ 謝霆鋒(ニコラス・ツェー)/ 成龍(ジャッキー・チェン)/ 范冰冰(ファン・ビンビン)/ 呉京(ウー・ジン)/ 余少群(ユイ・シャオチュン)

『少林寺』から29年。現代によみがえった感動のカンフーアクション大作

当時、中国人の友人に勧められ、日本公開を楽しみ待っていた作品。カンフー好きにはもちろん、誰にでもオススメできる感動作でした。少林寺の修行のシーンはやっぱりシビレる。「師兄」たちがみんな心優しくてカッコイイし、修行に励む子供たちも真っ直ぐでかわいい。感動というよりは、この優しい僧侶たちが悪人と闘って次々に死んでしまうのが悲しくて泣けました(死に方が、またみんなカッコイイのですが)。ジャッキー・チェンが、今回はなんと「厨房係」なのですが、これがまたいい味出してます。ジャッキーのセリフのとおり、「みんなケンカはやめよう」と私も心の中で何度叫んだことか。でも独裁者役のアンディ・ラウが改心し、敵役となる部下のニコラス・ツェーを殺すのではなく改心させようとするところが、単なるアクション映画ではなく、少林寺っぽいなとジワジワ感動。少林寺の人々の慈悲の心、禅の教え一つひとつに、心が洗われました。

ストーリー1912年、中華民国初期。辛亥革命により中国全土は西洋列強による侵略や国内の内乱で混沌に陥っていた。そんな中、河南省登封市にある少林寺の僧侶たちは、戦火や飢えに苦しむ人々を救助していた。私利私欲の争いを繰り広げる軍人の一人で独裁者の候杰(こうけつ)は、部下・曹蛮(そうばん)の裏切りに合い、妻と愛娘、地位と名誉をすべてを失う。そこで流れ着いたのが、かつて独裁時代に愚弄した少林寺だった。候杰は出家を決意し、寺の厨房係・悟道(ごどう)や僧侶たちの導きで改心していく。やがて戦火は激しくなり、少林寺に候杰がかくまわれていることを知った曹蛮は、民衆・僧侶・寺院への容赦のない攻撃を始める。

 

捜査官X

武侠(Dragon)
中国・香港 / 2011年(日本公開2012年) / 115分
監督:陳可辛(ピーター・チャン)
脚本:林愛華(オーブリー・ラム)
出演:甄子丹(ドニー・イェン)/ 金城武 / 湯唯(タン・ウェイ)

ある村での強盗犯変死事件の裏に隠された驚愕の事実を追うアクション・ミステリー

なかなか見応えのある作品でした。原題は『武侠』。邦題の『捜査官X』は、現代の刑事モノっぽいイメージですが、舞台は1917年の中国の田舎の村です。田舎の風景(特に水と緑)の美しさと音楽の美しさで、序盤から引き込まれました。凶悪犯の強盗現場にたまたま居合わせたドニー・イェンが相手をやっつけることから物語は始まるのですが、その戦いぶりはいつものドニー・イェンじゃない。一見運良く悪者を退治したように見せて実は…、という展開と、体内の様子をCGで見せるなど、人体のしくみを取り入れた謎解きが面白い。そして、主人公の本性が徐々に明らかになっていくにつれ、ドニーのアクションが存分に楽しめます(カンフー映画は好きだけど、刃物を振り回す映画は疲れますね)。ただのアクション映画ではなく、犯罪者の更生について考えさせてくれる点も良かったし、子供たちもかわいかったです。劇中、せっかくいい音楽が使われていたのに、エンドロールの曲はちょっと残念でした。

ストーリー1917年、中国雲南省の平穏な村で、指名手配中の凶悪犯2人が両替商に押し入る強盗事件が起きた。その場に居合わせた紙職人のリュウ・ジンシーがこの凶悪犯を退治し、村人たちはジンシーを英雄だと称賛する。しかし、事件の捜査にやって来た捜査官シュウは、2人の凶悪犯をなぜ一介の紙職人であるジンシーが倒せたのか疑問を抱く。法と正義を重んじるシュウが、研ぎ澄まされた推理力で捜査を進めるうち、徐々に事件の核心に近づき、シュウはジンシーの驚くべき過去を知ることになる。

 

まとめ

いかがでしたか?もちろんブルース・リーやジャッキー・チェンの昔の作品も好きなのですが、観たのがずいぶん前になってしまうので、詳しいレビューが書けず省略。きっとこの2人の熱狂的ファンは世の中に五万といるので、他サイトで探してみてくださいね。

 

↓ 香港・中国カンフー映画を探すならこちら ↓
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
Netflix
dTV
Hulu

 

 

▼チャン・イーモウ監督の『HERO 英雄』も、お忘れなく!

 

タイトルとURLをコピーしました